Help

トラジャ

Photos: トラジャ

Photos: パンダカフェ Photos: Pink lady

お気に入りやコメントを下さったみなさん、ありがとうございます。

Albums: Public

Favorite (25)

25 people have put in a favorite

Comments (20)

  • fam

    良いな~美味しいでしょうね♪

    02-25-2019 15:33 fam (42)

  • トキゾウ

    テーブルの反射がいい感じで

    02-25-2019 19:28 トキゾウ (23)

  • 青葉筆五郎

    高級そうなカップですね。
    コーヒーにピンが合っているほうが
    私は好きです。(怒らないで)

    02-25-2019 21:45 青葉筆五郎 (11)

  • canary

    famさん、香りがよくておいしかったですよ。ケーキ店のカフェだから、つい余計なケーキも頼んでしまいました。コメントありがとうございます。

    02-25-2019 23:39 canary (22)

  • canary

    トキゾウさん、窓辺から離れた席でしたが、奥の窓が反射しました。
    お店がやたら暑かったですが、ゆっくりできました。コメントありがとうございます。

    02-26-2019 00:02 canary (22)

  • canary

    青葉さん、そうですよね、トアルコトラジャにピンならタイトルどおりですしね。
    香り高いコーヒーでした。このカップはトアルコトラジャ専用のようですよ。
    コメントありがとうございます。

    02-26-2019 00:20 canary (22)

  • SF Studio

    大好きな珈琲です

    02-26-2019 00:49 SF Studio (102)

  • トロイ

    一杯のコーヒー 紅茶

    BGM

    嗚呼

    わが

    ある恋の物語



    これまた、お粗末(>_<)

    すみません。

    02-26-2019 20:09 トロイ (3)

  • canary

    SF Studioさん、おいしいですよね。何と言うか、豊かな味がしました。
    めったに飲む機会がないのですが、インドネシアのコーヒーだそうで、ファンになりました。コメントありがとうございます。

    02-26-2019 23:24 canary (22)

  • canary

    トロイさん、喫茶店で芽生える恋の、青春映画のようなシーンが見えるようですよ~。ありがとうございます。
    浮かぶBGMはバドパウエルです。ちょうど最近、古いアルバムを聴いたからですが。

    02-26-2019 23:37 canary (22)

  • トロイ

    canaryさん


    >浮かぶBGMはバドパウエルです。

    canaryさん、すごい!

    まさに、この画像のBGMとしてピっタリですね(^_-)-☆


    バド・パウエル、私も好きですよ。

    ジャズ・ピアニストでいちばん好きなのがセロニアス・モンク。

    私が若かったときに、モンクの演奏を見に行って、すごく感動したことを思い出します。


    その次がバド・パウエルでしょうか。

    でも、彼自身のソロ・アルバムやトリオや彼がリーダーのコンボなどのCDアルバムなどは持っていないのです(>_<)

    誰のトリオだったか、クワルテットだったか、クインテットあるいはセクステット、セプテットだったか…を忘れてしまいましたが、彼が演奏している映像を録画したことがありますが、引越し後、どこにあるのやら…(T_T)


    canaryさんもモダンジャズがお好きなのでとても嬉しいです(^_-)-☆

    U-tubeで、彼の演奏をまた聴いて楽しもうと思います。


    canaryさん、どうもありがとうございます(^_-)-☆

    02-27-2019 08:10 トロイ (3)

  • canary

    トロイさん、バドパウエルがこの画像にぴったりですか。それはうれしいです。ありがとうございます。
    セロニアス モンクの生演奏を見たそうで、うらやましいです。貴重な体験ですね。
    私はジャズピアノに興味を持ったのが、レッド ガーランドのCDを聴いたのがきっかけです。それでレッド ガーランドのファンになり、CDを何枚か持っています。それで他のピアニストも聴いてみて、パウエルやモンクのような、天才とか巨人と呼ばれる人たちを知りました。ジャズに詳しくはないので、ほんの一部しか知りませんけれど。
    こちらこそ、うれしいコメントをいただき、ありがとうございます。

    02-27-2019 18:06 canary (22)

  • トロイ

    canaryさん

    レッドガーランドは、マイルス・ディヴィスつながりで、ジョン・コルトレーンの50年代後半に録音された曲に参加していますね。

    間違えているといけないので、買ったコルトレーンのレコジャケや曲の解説文で確認をしました。


    ジョン・コルトレーンもセロニアス・モンクと同じく大好きなので、名古屋にいたときに演奏を見に行きました。

    期待にたがわぬすごい演奏でした!

    最初に演奏された曲は、思い出せませんが、大好きな曲、『マイ・フェヴァリット・シングス』と新曲の『至上の愛』が演奏され、翌日、『至上の愛』(A Love Supreme) 』のレコードを買いに行きました。

    ライブで残念だったのは、ピアノがコルトレーンの奥さんだったこと。


    canaryさん、バド・パウエルの演奏について解説をしているラジオ番組(音声のみ)がU-tubeにありました。

    一時間という長尺ものですが、もし、お時間と興味がございましたら…、と思いアドレスを貼らさせていただきます。↓

     https://www.youtube.com/watch?v=7-oGX_xvyrs

    02-27-2019 20:50 トロイ (3)

  • canary

    トロイさん、いつもたくさんの情報を、ありがとうございます。
    番組の冒頭を少し聞いてみましたが、面白そうですね。早速、神ががった一曲を聴けたし、わかりやすい番組のようです。残りもゆっくり聞いてみますね。

    ジョンコルトレーンのSoul trane というCDだけは、持っていますよ。ガーランドが参加してます。中古CDを見つけて、買ったと思います。そのアルバムぐらいしか、コルトレーンのことは知らないのですが。もちろんすごい人だということは聞いてます。そのライブにも行かれたなんて、トロイさんは超超、貴重体験されているのですね。
    おかげさまで、興味が広がり、楽しみが増えました。ありがとうございました。

    02-28-2019 00:20 canary (22)

  • トロイ

    canaryさん

    ジョン・コルトレーンの『Soultrane』は、50年代後半に、彼がマイルスのバンドから離れ、最初に発表したアルバムで、彼が新しいモダンジャズのフロンティアの開拓に足を踏み出した記念すべき作品です。


    彼のモダンジャズにかける<soul>と、西部開拓史に重要な役割を果たしたフロンティア精神を列車<train>に彼の名の一部"トレイン"をかけていますよね。

    CDのタイトルに、そんなコルトレーンの意気込みが顕れていると思います。


    canaryさん、よいCDをお買いになりましたね(^_-)-☆


    この場をお借りして、私の大好きなジャズの曲を貼らさせていただきます(>_<)

     *Mal Waldronの<Left Alone>↓

      https://www.youtube.com/watch?v=rhLLKakG1Bw

    canaryさんのお好きなジャズの一曲になれば嬉しいです。

    02-28-2019 13:47 トロイ (3)

  • canary

    トロイさん、いろいろ教えてくださって、ありがとうございます。
    今日のような、冷たい雨の夜にぴったりの、ムーディーな、いい曲ですね。
    ライブ録音なのも、雰囲気たっぷりで、よかったです。
    聞いたことある曲!と思ったら、持っている「モダンジャズ」というオムニバスCDに入っていました。何年も聴いていないCDなので曲名と奏者は忘れていましたよ。ジャズのオムニバスCDは数枚あるので、また聴こうと思います。

    SoultraneのCDジャケットも見ていますが、輸入盤のようで日本語表記はなくて、1958年録音と書いてあります。そのころ、開拓の時代だったのですね。黄ばんだジャケット写真がクールです。大事に聴きます。
    いろいろと、ありがとうございました。

    02-28-2019 20:38 canary (22)

  • トロイ

    canaryさん

    <Left Alone>の曲をご存知だったのですね。

    嬉しいです。


    >「モダンジャズ」というオムニバスCDに入っていました。

    オムニバスは名曲やよく知られている曲が収録されていますので、楽しめますよね。

    私も、クラシックやジャズのオムニバスのCDを持っていますよ。

    むかし、都内、千葉県や埼玉県そして神奈川県など、あちこち行っていたときに、クラシックやジャズのオムニバスのCDの曲を親指ぐらいの小さな録音機器(名称を忘れました)に録音し、車中で聴いていたことを思い出しました。


    >SoultraneのCDジャケットも見ていますが、輸入盤のようで日本語表記はなくて、1958年録音と書いてあります。

    輸入盤で、1958年録音でしたか。

    コルトレーンの最初のアルバムではなく、二作目かもしれませんね。


    その輸入盤の中古のCDは、著作権切れの曲を収録したCDの会社(輸入・販売元)が換金のために手放した新品だったのではないかと想いますよ。

    canaryさんの目に止まり、買ってもらえたそのCDはラッキーだったと想います(^_-)-☆

    03-01-2019 07:01 トロイ (3)

  • canary

    トロイさん、オムニバスは特に入門編として参考になりますね。

    私のコルトレーンのCDは、そういうルートなら音が問題なくいいし、安く手に入って私こそラッキーでした。なにかと、詳しく教えていただき、ありがとうございます。おかげで引き出しの肥やしになりがちな古いCD類が再び輝いてきました。

    03-01-2019 20:36 canary (22)

  • MR2

    トアルコトラジャやコピ・ルアク、機会があったら飲んで見たいと思いつつ、、。芳醇な香りなのでしょうね。

    04-24-2019 17:53 MR2 (40)

  • canary

    MR2さん、それはそれは芳醇で高貴な香り(大げさ)。深い味でした。割高ですが試してみてよかったです。コピ ルアクというのは初めて聞きます。高級そう。飲んでみたいですね。

    04-24-2019 20:38 canary (22)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.